2017年06月14日

将来の夢

55のおっさんが見る夢を多くの人は知りたいだろうか?
どう考えても、知りたい人は多くないと思う。
実際私よりも若いメンバーで、今から終活する輩もいる。
もう、終わりなのか50代?後に残るのは、余生という残務整理か
冗談じゃない。一体いつ花咲いたというのか?よく考えろ!!
生きたあかしを残したいわけではない。生きてやることをやったのかと言いたい。
何不十なく、順調に仕事をこなし、愛のある家庭を持ち、リタイヤして、幸せな老後。
孫たちにも囲まれ、病気もしないで、皆にみとられてあの世に行く。
「あーなんていい人生を送った人でしょう」と人々は口々に、、、、、、
だ、、、、か、、、、、ら、、、、、なに?
自己満足の何物でもない。そういう人がどれほどいるだろうか、考えてみるがいい。
そんな幸せを満喫して生きていく中で、地雷を踏んで爆死するこどもや、難民となって必死に海を渡り、
力尽きて死ぬ人や、親からの虐待で、孤独死する幼児がいる。世界には、目を向けられぬ現実がある。
たまたま日本という法治国家に生まれ、身の危険を感じることなく、生きれただけ。それだけだ。
人ばかりじゃない、自分のことを考えても、ぬるま湯につかり、好き勝手生きて、透析患者という
税金ドロボーのような人生に落ち着こうとしている。本来、数十年前なら、透析始めたら、5年しか持たなかった。
そういう時代に生きていればすでに死んだような人生。今は、よく管理すれば、30年以上生きれる人もいる。
そう考えると、いい時代と場所に恵まれ、何とかいい人生を、余生を、終活を、生きれるらしい。この国では、、、
だから、私の夢は、そういう人生とおさらばして、世界中を旅して、人の為に生きる人生を生きる。
もっと厳しい現実を目の当たりにして、泣きながら、現実に立ち向かう。それが私の夢。
だから、2年以内に、海外腎移植をさしていただき、再出発をする。
移植までに、今の体をさらに鍛え直す。と同時に、海外に対応できるような強い精神も
養っていく。
生きているには、その目的がある。
人にはそれぞれ与えられた目的がある。
私は、生きている間におこないたい。
だから、もっと真剣に体も、事業も、鍛え直す。
これまで迷惑をかけた人に対して、唯一お返しできる道が、それだと思っている。
だから、もっとストイックにやらねば、、、、今までのアマちゃん体質を改め、
だれの目も気にしないで、まっすぐやり続けていこうと思う。
それが本来の師匠と交わした約束だから。
守らないと。寿命が来る前にね。
posted by にいちゃん at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 私のお仕事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック